【盗聴器の形状・機能別タイプおよび販売ルート】

誰でも簡単に仕掛けられる盗聴器

盗聴器にはどんなタイプがあって、どこで買えるのか、簡単にまとめています。

 

あまりに簡単に入手できるので驚かれることでしょう。

 

電源と形状のタイプ

電源で分けると、AC電源に接続するタイプと電池式に分かれます。

 

AC電源に接続するタイプの代表が壁面埋め込みや三又のコンセント型です。

 

コンセントに見せかけて、実際にコンセントの役割も果たすのですが、中に盗聴器が組み込まれてAC電源から電源供給を受けて半永久的に作動します。

 

テーブルタップやスイッチ式コンセントタイプもあります。

 

電池式のものは電池が切れるリスクはありますが、ぬいぐるみや時計など、プレゼントに仕組んでターゲットの部屋に送り込みやすいメリットがあります。

 

電波発信のタイプ

従来の機種は持続的に電波を発信しています。

 

安い物でも10メートル以内に近づけば受信できます。

 

しかし、最近は音声を拾った時だけ電波発信するタイプもお手頃価格で販売されるようになりました。

 

このタイプはより発見しにくいです。

 

盗聴器の購入方法

「盗聴器 購入」で検索すると販売サイトがいろいろ出てきます。

 

ネット販売で数万円で様々なタイプの盗聴器が買えるのです。

 

なんと、アマゾンでも売っています。

 

盗聴器発見器はもちろん売っていますが、コンセント型などの盗聴器も売っているのです。

 

嘘だと思ったら調べてみてください。

 

誰でも簡単に設置できる盗聴器

このように、盗聴器は誰でも数万円で入手できます。

 

贈り物に仕込んであなたの部屋に設置することは簡単です。

 

恋人や友人であなたの部屋に入ることが出来る人は、壁面コンセントタイプのようにAC電源に接続するタイプの設置も可能です。

 

例えば、あなたがコンビニに買い物に行っている間に取り付けてしまえばいいのです。

 

こんなに簡単なら、誰でも盗聴できることがわかるでしょう。

 

それは誰もが盗聴されている可能性があるということでもあります。